So-net無料ブログ作成

ランドマーク レッスン3 [教科書 Communication 和訳]

スポンサーリンク





  こんにちは、風間です。



LandmarkLesson3 学制服

 についてやります。

一生懸命に頑張って、いいやつになってください。

 

Part1

毎日学校に行くときあなたは何を着ますか。あなた方のほとんどが恐らく「学制服」と答えるでしょう。実際に、ほとんどの日本の高校や中学校には制服があります。ある調査によると、95%以上の人々が学校に通っている間、学制服を着ていたのです。

あなたは高校を選ぶとき、その学校の制服をチェックしましたか。もう一つの調査によると学生の半分が制服をチェックしたと答えています。生徒たちが学校を選ぶとき、学生服が重要である可能性があります。

三番目の調査では、高校3年生に「学校に制服があることをあなたは今うれしく思いますか。」と尋ねました。94%もの生徒が「はい。」と答えました。ほとんどの生徒が3年間着た制服に好意的な感情を持っているのです。

 



 

Part2

あなたは海外の学校にも制服があると思いますか。多くの学校に制服があります。

他の国々の制服はどのようなものですか。韓国や台湾の制服は日本の制服とかなり似ています。オーストラリアやイギリスの制服もまた日本の制服とよく似ています。多くの生徒たちがジャケットとネクタイを身につけています。

対照的に、ベトナムやブータンの制服は日本の制服とはかなり違っています。例えば、ベトナムの女の子達が着ている制服は「アオダイ」という伝統衣装に基づいています。同様に、ブータンでも、学生服は彼らの衣装に基づいています。

マレーシアの制服はどうでしょうか。女の子によって着ている制服の種類が異なります。肌を見せている女の子もいれば、そうでない子もいる。これは恐らく宗教的背景が異なるからでしょう。

 

Part3

他の国々ではどれくらいの高校に制服があるのだろうか。ある調査が日本・アメリカ・イギリス・オーストラリア・韓国・中国の6カ国で実施されました。調査では高校生に「あなたの学校には制服がありますか。」と尋ねました。ほとんどの国々で、「いいえ」と答えた生徒より「はい」と答えた生徒の方が多かったのです。驚いたことに、6カ国のうち3カ国が日本よりも高い割合でした。特に韓国では生徒たちのうち97%もの生徒たちが学校に制服があると答えました。これはかなり高い割合です。

一方、他の国々と比べ、「はい」と答えたのがとても低い割合だったのはアメリカの生徒たちでした。これは恐らくアメリカの人々は個性や自由を尊重しているからでしょう。彼らは自分で着るものを選びたいのです。しかしながら、制服を採用している学校の数が、最近、特に都市部で増え続けています。

 

Part4

 

 

 

あなたは制服に賛成ですか、それとも反対ですか。同じ調査で生徒たちになぜ制服に賛成なのか、または反対なのか尋ねました。ここに制服に賛成するいくつかの理由を挙げます。まず第一に、制服があることにより、生徒たちが着る洋服に関連したいじめを防ぐことができます。二つ目に、制服は学校への帰属意識を高めることができます。三つ目に、制服は学生としての社会的身分を示すことができます。四つ目に、制服を着ることにより勉強モードに入ることができる。また、「ネクタイの結び方を練習できるから」というようなユニークな回答もありました。

制服に反対する理由は何でしょうか。制服を着ていると自分たちの独自性を出せないと主張する生徒もいます。また、制服が自分たちの自由を制限すると心配する生徒もいます。さらに学校で堅苦しく感じたくないと言う生徒もいます。制服は学校でしか着れず、ほかの場所では着れないと考えている生徒もいます。

あなたはどうですか。あなたの意見はどうですか。

 

 

意志ある者は飛べ




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。