So-net無料ブログ作成

エレメントレッスン1 [教科書 Communication 和訳]

スポンサーリンク






こんにちは、風間です。


エレメントを少しアップします。


レッスン1から



Part1

桂かい枝はプロの落語家である。彼は海外諸国で英語落語を行っている。3人の日本人高校生と彼らの言語指導助手が彼にインタビューをしている。

ALT :かい枝さん、あなたはなぜ英語落語を始めたのですか?

かい枝:世界中の人々と落語を分かち合いたいからです。もし日本語だけで落語をやったら、この日本文化の素晴らしい部分を日本にいる人としか分かち合うことができません。

ALT :なるほど。これまでにどのくらいの国で(落語を)行ってきたのですか?

かい枝:そうですね、20以上の国の、100以上の都市で英語落語を行ってきました。そしてその数は今も増えています。

ALT 100都市以上ですか?それは驚きですね!

 



Part2

生徒1:それらの海外の国で行った時になにか問題はありましたか?

かい枝:はい、ありました。ニューヨークでは、舞台がなかったので、片方の足のみでテーブルに座らなければなりませんでした。落語では、演者は観客よりも高い場所に座らなければならないのです。シカゴでは、私が登場人物の1人として「こんにちは」と言った時に、観客が自分に話しかけているのだと思い、「こんにちは」と言い返してきたのです。彼らは演者が様々な登場人物を演じるために右を見たり左を見たりするということを知らなかったのです。

生徒1:それはとても面白いですね。外国の国の人々にとって、落語の面白さを理解するのは難しいことですか?

かい枝:そうでもありません。落語は単なる短い冗談ではなく、1つの物語であり、落語の物語は私たちの日常生活や日々出会う登場人物についてのものなのです。たとえ私たちが違う国に住んでいて、違う文化を持っていたとしても、人間のライフスタイルはそこまで違いはありません。

Part3

生徒2:日本人でも英語落語を楽しめると思いますか?

かい枝:はい、思います。日本人は、英語の聞き取りテストと思うと不安になってしまいます。しかし、落語はまったくそういったものではありません。落語は言葉、表現、動作の芸術なのです。理解するのは容易なことです。自然と笑ってしまうでしょう。

生徒2:それを知れてよかったです。では、英語落語を演じることで英語力は向上すると思いますか?

かい枝:もちろん、します!外国の人に話しかける時、自分の英語が理解されているか分かりません。しかし、落語においては、もしその人が笑っていたら、それはつまりその人があなたの英語を理解しているということになるのです。英語で自分の言いたいことが伝わるのはとても楽しいですよ。笑いは最高のコミュニケーションであり、コミュニケーションを楽しむことで、あなたの英語力向上の一助となるのです。

Part4

生徒3:あなたは外国で英語落語を演じることから何を学びましたか?

かい枝:私がインドで英語落語を演じた時、私は牛についての冗談を言いました。しかしながら、その国では牛は神聖な動物であるため、私に対して憤る人もいました。この経験を通して、私は英語が話せるだけでは十分ではないのだと学びました。自分が話している相手の文化を尊重することもまた重要なのです。

生徒3:なるほど。日本の高校生に向けてのメッセージはありますか?

かい枝:はい。私はよく他の国で落語を行います。私は多くの人が英語を第二言語もしくは外国語として話しているのを知っています。つまり、もしあなたがたが英語を話すことができれば、多くの様々な国の人とコミュニケーションを取れるということです。あなたが英語学習を楽しみ、翼を広げて世界中を駆け回ることを願っています。

 

意志ある者は飛べ!




スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。