So-net無料ブログ作成

クラウンⅠ レッスン7 [教科書 Communication 和訳]

スポンサーリンク




 


 今日は、風間です。


今日はクラウンⅠのレッスン7について


考えます。


 テストを上手く利用して、ほんとうの学力をつけて


下さい。


 単なる暗記は無意味です。


 


 


CROWN CommunicationⅠ ~Lesson7~ 本文



 



坂茂は世界的に有名な建築家である。彼はフランスに博物館を


建て、ドイツの万博では日本館を建てた。ひょっとしたら彼は、


紙筒のような珍しい素材を使うということで最もよく知られて


いるのかもしれない。



 



 

CROWN CommunicationⅠ Lesson


 


の続きです。


 


 


1995117日、阪神地域で巨大な自信が起こった。坂茂は


神戸へ行き、その地震の犠牲者が教会の近くに集まって立って


いるのを見た。その教会はひどく損傷を受けていた。「紙筒を


使って新しい教会を作りませんか。」と彼は司祭に言った。初


め司祭は彼の提案に賛同しなかった。彼は、最も大切なことは


犠牲者へ住宅を供給することであるはずだと言った。


 坂は司祭と話すためにその教会を何度も訪れた。彼は司祭に、


教会は地震の犠牲者にとってのコミュニティーセンターとして


役立つので大切である、と伝えた。最終的に、司祭は坂の考え


方を理解してくれた。坂と300人以上のボランティアが教会を建てるために共に働いた。


 


②どうして坂は困窮した人々の手助けをすることに興味を持っ


たのだろうか。そしてなぜ彼は紙筒を使っての建築を始めたの


だろうか。


 坂が1984年に建築業を開業し始めた時、彼は他の建築家とは


違うような建築家になりたがっていた。彼にとっては、彼ら


(=他の建築家たち)がしばしば裕福で権力を持つ人々のため


に働くことに興味を持っているように思えた。一方、彼は建築


家として災害に襲われた人々を助けるべきであると感じた。彼


は、紙筒が強くて見つけるのが簡単なため、災害救済施設にそ


れらを使い始めた。


 神戸での仕事に加えて、坂は中国に紙筒でできた学校を建て、


ニュージーランドには紙筒でできた教会を建てた。坂は宮城に仮


設住宅を作るために、輸送用コンテナも使用した。


 坂が成功する鍵となったものの一つは、何ものにも彼の妨げ


になるようにはさせなかったことである。2010年にハイチで大


きな地震があった時、空港が閉鎖された。坂はあきらめなかった。


彼はドミニカ共和国まで飛行機で飛び、何人かの学生と連れ立っ


て、ハイチに着くまで6時間車で移動した。それから彼らは紙筒を


使って犠牲者のための避難所を建てた。


 


 


③坂は1995年に、ボランタリーアーキテクツネットワーク(VAN


と呼ばれるNGOを始めた。坂は地震や戦争といった災害の犠牲者


を助けるために世界中で働いた。


 坂は、救済施設は美しくあるべきだと思っている。彼の作った


避難所は犠牲者の自尊心を取り戻す手助けをするため、「威厳の


ある建物」と呼ばれている。坂は、単に建物が一時的なものであ


るからといって、見栄えが良くないという理由にはならないと言


う。「住むところがなくなった人々は身体と同様に精神にも傷を


負っている。」と説明する。「彼らは素敵な場所にとどまる必要


がある。私は彼らが何か美しいものを見ることがとても大事だと


思う。」と。


311日を生き延びたある男性は、彼の10歳の娘が、家族で宮城


にある坂の魅力的な住宅に引っ越した後、笑顔で幸せな気持ちに


なったと言っていた。その男性は、「災害にあって以来、本当の


安心感を得られたのはその時が初めてだった。」と言った。宮城


の住宅は一時的なものだとされているが、そこに住む人々の中に


は、その住宅を大変気に入り、いつまでも住んでいたいと望む人


もいる。


 


2014年に坂はプリツカー建築賞を受賞した。その賞を建築のノ


ーベル賞だという人もいる。審査員の一人が、一流の建築家が災


害の犠牲者に全てを捧げていることは素晴らしいことだと言った。


彼の建築は、彼ら(=犠牲者)が日々必要なものだけでなく、彼らの美的価値の役にも立っている。


坂はこう言う。「この賞は、私が今していることをし続けるよ


うに励ましてくれた。変わってはいけない、成長するよう努め


なさい、と。」彼にとって、「成長すること」とは最も高い建


物を作ったり、最も大きな事務所を作ったりすることを意味し


ているのではない。実際、彼はさらに小さな事務所を持ちたい


と言っている。彼は自分の事務所よりむしろ災害地区でより多


くの時間を過ごしたがっているのだ。


坂は、災害救済であろうと新しい建物の設計であろうと、常に


成長する方法を見出そうとしているように思える。建築家は人


々が身体の避難所を必要としているだけではなく、心にとって


の美や尊厳も必要としていることに気付かなければならない、


と彼は考えている。避難所や尊厳を作り上げるための不断の努


力を通して、坂は我々の世界をより良いものへ変えているのだ。


 


意志ある者は飛べ!


 




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。