So-net無料ブログ作成

ユニコーン2 レッスン6 [教科書 Communication 和訳]



ユニコーン6の和訳の練習です。


しっかりと勉強して、だいたいになっていたら平気でしょう。






人間の独自性とは何か――チンパンジー研究から

 

Part 1

 私は日本と外国の両方でチンパンジーを研究してきた.

ここ日本でアイという名のメスのチンパンジーと一緒に研究

するだけでなく,この25年間,毎年アフリカを訪れて野生の

チンパンジーを自然の生息環境の中で研究してきた.

 

 

 また東アフリカに位置するルワンダのヴィルンガ火山で野生

のゴリラを,そして東南アジアのマレーシア領北ボルネオで

は野生のオランウータンを観察してきた.人間は動物とは別の

存在であるという単純な見方に固執している人は今でも多い.

しかしそれは完全な誤りである.人間は動物界の一員である.

人間はほ乳類である.ほ乳類の中で,人間はサル目に属し,

さらにヒト科に属する.ヒト科は4つの属から成り,それが人間,

チンパンジー,ゴリラ,オランウータンなのである.ヒト科は

尻尾のないことを特徴とする.我々人間には尻尾がない.それは

チンパンジー,ゴリラ,オランウータンも同様である.日本語に

は「サル」という1語しかなく,その語によって我々はニホンザ

ルを連想する.しかし英語では”monkey”(尻尾のあるサル目)

”ape”(尻尾のないサル目)との間には明確な違いがある.

つまり人間と3apesは同一の科に属し,どれも”monkey”では

ないのである.

 

 

この続きはこちらから☞


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問