So-net無料ブログ作成
勉強の仕方 ブログトップ

単語の覚え方 [勉強の仕方]

 

こんにちは、風間です。

 

高1生は和訳ばかり見ても実力はつきません。

 

単語を反復して覚えることをしなければなりません。

 

単語を覚えましょう。

 

単語を覚えられない人は、英語の偏差値は低くなります。

 

単語を覚えようとしない人は、英文法も覚えようとしません。

 

理解しようとしますが、覚えようとしません。

 

勉強はするのですが、覚えられません。

 

では、どうすれば覚えられるか?

 

覚えるまで、反復することに尽きます。

 

覚えた人は、覚えるまでやめなかった人です。

 

でもこれが、結構たいへん。

 

1年の間に、覚えることを避けてきた人、

 

学校の定期テストのための、短期的な記憶しか訓練してこなかった人

 

そんな人は、来年の今頃、英語が苦手で、どうしようもなくなります。

 

毎日英単語を15分から20分でいいから、音読し続けましょう。

 

範囲は何でもいいです。

 

 1)1~1000を毎日どんどん読み進めて、1000まで行ったら

 

また1からを繰り返せばいい。だんだんペースが上がってくる。

 

 本当にやれば、半年もすれば覚える。

 

 2)毎日1~50を15~20分音読する。5日たったら、

 

次の51~100をまた5日間音読を継続、

 

さらに101~150を5日間音読、

 

このへんで、151~225を5日間音読、

 

だいたい200ごとに、1回通して音読。

 

この場合、1~225を20分音読し、ダメそうな単語に

 

音読をして、メンテナンスしておく。軽くマークしておく。

 

この調子で1000くらいまでやる。1000まで行ったら

 

 

チェックの入った単語に1回メンテナンスしたら、

 

 

1~継続する。半年もすれば覚えている。早い生徒なら、

 

 

3ヶ月~4ヶ月だろう。

 

 

単語覚えてください。

 

音読の仕方は、英語と日本語を連続して音読し、連続2回を基本とする。

英語と日本語の間に、空白の時間を置かないで、連続していう。

nevertheless   「にもかかわらず」の場合、「neverthelessにもかかわらず」

の感じで、連続している1つの語と思って音読する。

 resemble「~に似ている」だら、「resembleに似ている」か「rezemble似ている」

のどちらかで言えばいい。「~」はどうでもいい。

こんな漢字で連続して音読することを継続しよう。また発音記号も少しは読めるようにしよう。

できれば、音源で発音を聞けると更にいい。

では頑張ってほしい。

 

君ならできる。継続して頑張ってほしい。覚えるまで続ける。完璧でなくてもいい。

 

意志あるものは 飛べ、翔べ!!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

英語の勉強方法:英文法編 [勉強の仕方]

 どうもこんにちは!


 


 早いもので、もう4月も終盤で、G.Wも近づいてきました。





この4月に高校1年生にになった人は勉強はかどっていますか。






2年生や3年生の人はどんどん英文法の問題を回して、慣れを作りましょう。





  ではこの「慣れ」ですが、皆さんはどうやって作っていますか。








私の場合、高校の時は以下のようにやりました。





   

 全く英文法ができなかったので、





  最初は、解答を見ながら、問題集に書き込んでいました。





 簡単なことは少しはわかっていましたが、





 あまり勉強ずきではなかったので、






最初は大変でした。






 解答を横において、(  )に解答を見ながら、




正解の英単語や語句を





 必死に、必死に 書き込んでいました。






 時間はかかりましたが、見慣れることも大切な要素なので、




  ひたすら、ひたすら、書き込むことに集中しました。






  次に、書き込みが終わったら、その上をボールペンでなぞって、





   軽く音読して、とりあえず、英語になれることに専念しました。






  

 大体、1日当たり、100問くらいを目安にした継続しました。







  3回目は、音読をしつつ、解説を軽く読んで、なんとなく繰り返しました。








  4回目は音読をして、その問題のポイントは何かを考え、わからなければ、







  すぐに解説を読んでみる。わからなくても、まったくわからないわけではないので、







  焦らず、進むことにしていました。


 

続きはこちらから☞


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

リーディング・リスニング・スピーキングとライティング基礎を作る作業 [勉強の仕方]

ーディングとリスニングの先にある「スピーキングとライティング」

  本当に英語ができるようになりたいと思っている人がいるなら、どうしたらよいのか。

例えば、実際に今、高校3年生がいろんな大学に合格した報告が増えてきた。

標準クラスでは、東京理科大、学習院大学、新潟大学、星薬科大学、などなどで、

大学のクラス分けテストで、TOEICが採用されることが多いので、

TOEICに力を入れようと思っている生徒が多いのだ。

   TOEICはTOEFLと違って、日常的な英語なので、難解な語彙などは

見当たらず、割と楽に勉強できる試験である。

  とはいえ、 リスニングとリーディングをマークシート方式で採点する

 計120分のテストである。やはり英語に慣れていないと、息切れするだろう。

ではこうした英語の試験に強くなったり、試験でなくても英語の本当の実力を

つけるにはどうしたらいいのだろうか。

☞続きはこちらから・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

長文読解の復習方法 [勉強の仕方]

~~~英語の復習~~~

みなさんは長文読解の授業の後に
復習をしっかりしていますか。

高校生はなかなか時間って
ないですから、

実際復習するのは大変でしょうが、
復習する習慣をつけるのは大切。

そんなのわかってるーーーー!
って人も多いでしょうがね。



理想を言っては時間が無くなりすぎるので、
あくまであまり時間がないという前提で話を進めてみます。



授業中


1)授業中に後で復習するために、単語、熟語、構文などのチェックをしておく。

2)訳しにくい、理解しにくい英文をチェックしておく。

3)なるべく授業中に理解度を上げるように、授業中にできることをする。

4)授業が終わった時点で、不足していた知識は何かわかるようにボールペンで下線を引いたり、
  記号・マークしたりしておく。

5)長文読解の考え方で、自分が不足していた点をメモ書きし、次回以降の長文読解に生かせるように
  しておく。自分の長文読解の指針を書いたノートなりまとめたルーズリーフがあるとよい。いつでも
  見直すことができるために作るのだ。


授業後


 1.意味の出てこない見たことある単語の音読20回

 2.1の単語を文字を見て、発音しながらスペルを10回書く。
    手元の書いている英単語は見なくたっていいんです。
    目+口+耳+手を使って5感をフル活用すればいい。

 3.発音にこだわりすぎず、アクセントには多少注意して、
   サーと読んで意味のとれない英文を見つける作業をする。
   これを2回。

 4.3で見つけた英文に対して、授業中のノートや解説などを参考にして、
   英文構造の確認を行い、意味の確定作業をする。

 5.意味のまとまり、センスグループに分けて、ゆっくり5回音読する。
   さらに5回高速で音読する。この作業を長文全体に行う。

 6.どうしても気になる単語のアクセントを調べ音読20回。

 7.全体に、読み返しをあまりしないで、センスグループごとに読み下していく。これを3回行う。

 8.この後に、パラグラフ内の主題進行を確認したり、パラグラフ間の関係を確認したり、
  全体の要約を行えればいい。この要約も日本語と英語の両方からできると、格段に差が付く。
  こうした作業は、長文読解の一つのスキーマ(考え方・視点・枠組み)であり、速読作業につながっていく。

    

    ※よく速読するために、早く読め、読み返さないで読め、
      なんていうけれど、私たちが日本語であったって読み返すことは多い。
      難しければなおさらだ。

      だから、ただ次にくる意味を想像して、期待しながら、読み下し速度を早くするというのだけでは
      不足である。ここで必要となるのが、パラグラフスキーマと授業内での発問作業であるのだ。



この中で1から5までをしっかりやればいいだろう。ただし、本当の実力がつくのは、特に7+8でしょう。
これができると、最近多くなった200字英作などは楽勝となりますからね。




ということで、
本日は、長文読解の復習方法にフォーカスしてみました。

ではまた。

最強のテキスト暗記方法(改訂) [勉強の仕方]

  
 

~~~~~テキスト暗記方法~~~~~

語の基本はリスニングかな。でも聞くためには

発音できなければならないってのもある。


では、「どっちが先?」

というかもしれないけれど、その議論は今は置いといて。


でも

赤ちゃんは周囲の人の言葉を耳にする。

たくさんたくさん耳にする。


さまざまな状況で言葉を分節化していく。



どこ単語やフレーズがいつ使われているかを。


彼らが話すずっと前から、音として認識して、


かつ区別して頭の中にストックされている。



ただ実際に発音するとなると、

口や舌の筋肉は未発達(正確には舌が分離していないから)

だから発音なんて無理。


だから、周囲の人の口真似で直していくことある。


 


自然と同じになってくる。彼らの頭の中では


完璧に同じにしているつもりだろうが。

自分に話しかけてくれる人がいて


自分の発言に興味を持ってくれる人がいて、


会話が成立する環境であれば、


リスニングは向上する。



でもこれってなかなか日本で過ごしていると


ないね。



自分はどうしたかって?


テキストとCDなどを用意して、


1.20回リスニングする。


   1~3回:何も見ずに、話題と方向性をとらえることに集中する。


   4~6回:多少止めながら、繰り返しながら聞く。


 

続きを読む


成績アップ高校の教科書の暗記法 [勉強の仕方]

こんにちは!!!!

頑張ってますか? 

~~~教科書&テキストの暗記法~~~

いろんな覚え方ってありますね。

あなたはどうやってますか。

 


中学生や高校生なら、学校の定期テスト対策だったり、
大学生ならTOEIC対策だったり、

まあいろいろあるでしょう。

今高校生や大学生に接する場面が多いのだけれど、
暗記とか覚えることに関して一番多いのが
やはり、高校生でしょうか。

 

続きはこちらから☞


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
勉強の仕方 ブログトップ