So-net無料ブログ作成
英語のレベルアップ ブログトップ

英語長文読解8割獲得のコツ [英語のレベルアップ]


「英 文 読 解」

私たちが英語長文を読んでいく時に、8割を獲得する必要なことには

どんなことがあるのでしょうか。

このことについて少し考えてみたいと思ます。



 
 文章、つまり一つのテキストを読んでいく場合、


  1.センテンスレベル(文)単位の理解

  2.パラグラフレベル(段落)単位の理解

  3.パッセージ・テキスト(複数のパラグラフのかたまり)単位の理解



    などの多くの必要なことがありますね。

  当然、高校の授業も、予備校や大学の授業(ちなみに大学はこんなに丁寧ではない

ですが)も、こうした段階を踏むことで、英文読解力を向上させようと努力しています。


私だけでなく、それぞれの職場の方が努力して(?)頑張っていらっしゃいます。


   したがって、あなたが高校生なら、1年生のときは文法・語法が大きなウエートを占

(当然文章もやりますよ)め、2年、3年と学年や理解力が上がるたびに、

    ワードレベルから、センテンスレベル、パラグラフレベル、テキストレベルへと、



       語彙→文→段落→テキスト



その学習するレベルの枠組みが大きくなり、その割合が増えることが理想ですね。


 もっと言ってしまえば、語彙と語彙があって、文になり、文が集まって、段落になり、

段落が集まって、パッセージになるという発想は、少しヤバイってことなんです。



言いたいことがあって、パラグラフの意味や、文の意味や、単語の意味が決定されると


考えたほうが、本来の英文読解には近いと思えますが、みなさんはどうでしょうか。





  さあ、話を元に戻しましょう。


 この大きな枠組みを理解する上で有効なのが

      論理的な関係に強くなることです。



   論理関係に強くなるとは、 前述したように論理展開は

    1.文と文の関係:表現分析や
    
    2.段落と段落の関係

           の中に表れますね。


この論理的な関係を示すのが様々な接続表現なのです。

  ここからは、接続語表現・ディスコースマーカーを列挙するので、長いと感じる方は

  飛ばしていただいても構いません。



*********************************************************

 

つづきはこちらからどうぞ☞


英語のレベルアップ ブログトップ